「人に強い」って何?

「人に強い」って何?

企業で働いていたとき「人に強い」という言葉が

コミュニケーション上で多く使われていました。

使う人によって全く違う意味を持っているのに・・・・

 

新入社員の言う「人に強い」は、

・仲間が多い

・コミュニケーション力がある

・チームワークが良い

 

管理職の言う「人に強い」は、

・相手を説得して何か行動を起こさせる事ができる

・影響力があり、相手に行動を起こさせる事ができる

すり合わせができていないと、全く違う意味を持ってお互いのコミュニケーションが進みます。

 

警察官面接対策

就活生の思っている「ヒューマンスキル」と企業の求めている「ヒューマンスキル」は一致しているのだろうか?

 

企業が求める「コンピテンシー、スキル」について、しっかりとした「すり合わせ、理解」をしていないと、「志望動機」や「コンピテンシーの証明」時、企業の求める能力をアピール、証明できなくなってしまう。

 

面接時、自分の言いたい事だけを述べ、悲しい面接の結果になる学生を多く見てきました。

企業の求める人物像、スキル、行動について考える時間を持ってください。

 

 

どこの企業でも「優秀で活躍する人材」には、共通のコンピテンシーがあります。

 

就活生に必要な4つのコンピテンシーを別のページに書きました。

【就活生に必要なコンピテンシー①:主体性の発揮】

 

就活生に必要なコンピテンシー②:知的好奇心】

 

【就活生に必要なコンピテンシー③:時間をコントロールする】

 

【就活生に必要なコンピテンシー④:すぐ行動する】

 

実は、その上のレベル、「新入社員に必要なコンピテンシー」があります。

 

「管理職に必要なコンピテンシー」「社長に必要なコンピテンシー」もあります。

【企業が求めるコンピテンシー「お客様を最優先にする」】

【求められる能力:説得力・影響力】

 

【求められる能力:迅速な学習力】

 

本当に企業が求めているのは、上位のレベルコンピテンシーです。

 

人気関連記事

【面接官と就活生の思う「強み」の差】

【面接官と就活生の思う「リーダーシップ」の差】

【面接官と就活生の思う「粘り強い」の違い】

【面接官と就活生の思う「行動力」の違い】

【価値観に合う仕事:キャリアの探し方?作り方】

【自分を売る知識力・観察力・質問力・想像力・共感力①】

【自分を売る知識力・観察力・質問力・想像力・共感力②】

【自分を売る知識力・観察力・質問力・想像力・共感力③】

【自分を売る知識力・観察力・質問力・想像力・共感力④】

【自分を売る知識力・観察力・質問力・想像力・共感力⑤】

お礼a_btn045

伊藤伸一

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme