就活生に必要なコンピテンシー①:主体性の発揮

理想の人生を獲得する第一歩は就職です。

 

【就活生に必要なコンピテンシー①:主体性の発揮】

最も重要なコンピテンシーは【主体性の発揮】です。

 

 主体的とは、物事を他人のせい、会社のせい、
 
今の国政のせいなど物事の責任を自分以外に求めるのではなく、
 
「自分が変われば、成長すれば、
 
  行動を起こせば物事が成し遂げられる」
 
という考えです。

 

 

 

 

 
私は「7つの習慣セミナー」を受講してこの考えを知りました。
 
目からウロコが落ちる衝撃を感じました。
 
今までいかに主体的でなかったのか!
 
いかに「言い訳」を探していたのか
 
いかに「行動力」がなかったのか!
 
このセミナーの参加が私にとって「ターニングポイント」
 
であったと今でも感じています。
 

反応的な人の例(主体的でなく、刺激即反応する人)

 

・貧乏だから地元の大学しかいけなかった。

・いい大学でないからいい会社に入れない。
 
・大学が就活サポートしてくれない。
 
・お金がないからできない。
 
 ⇒刺激即反応するタイプです。
 
反応的
 
自分の行動もなく、周りに責任を転嫁する人を企業は一番嫌います。

周りにそんな友達いませんか?あなた自身どうですか?
 

主体的な人の例

 

・貧乏だったけど、学費は全部自分で払った。
 
・これから伸びるベンチャー企業は出身大学より「何ができるか?」で
 
 採用してくれるので、やりたいことを考え就職活動を行うことにした。
 
・周りからサポートを待つのではなく、自分から行動を起こし、
 
 サポートを受けにいった。
 
・大学2年までは、アルバイトのお金を自分の趣味のために使ったが、

 3年になって貯めたお金で自分のスキル勉強をするつもりだ。
 
 ⇒刺激と反応の間に選択をする自由があります。
 
主体的な人は、主語が全て「私」であり、行動を伴っています。

主体的な人かどうかは学生の「経験」を探っていくと判断できます。
 
主体的

 「主体的」を辞書で調べてみました。

 

・自分の意思・判断に基づいて行動するさま
 
・7つの習慣では「主体性の発揮こそが、成功するための最も重要な
 
 第一の習慣である」と語られています。
 
主体的とは、問題の原因を他人や環境のせいにせずに、
 
未来に向けて「自分ができること」に焦点をあてていくこと。
 
   ⇒自分の未来にエネルギーを投入していく生き方です。
 
 
 誰かがやってくれるのを待っていないか?

 すでに行動を起こしているか?
 

 飲み屋で愚痴を言っているだけでは、何も進みませんよね!

 

主体性はすぐに発揮できます。

 

自分を主語にし、行動を起こせばいいのです。


待っているのではなく、積極的に行動すること。


「行動」から「主体性」は発揮されます。


迷ったときは、周りからアドバイスをもらってください。


間違った方向に進むと、時間が限られている就活では

 

「命取り」になりかねません。

 

主体性が発揮されているエピソードを作成するための

必ず盛り込まなければいけないこと

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2718

 

人気記事

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【最終面接で何を質問されるのか?】

【志望動機一貫性の確認】

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme