警察官面接に落ちる人の特徴

警察官面接に落ちる人の特徴

多くの警察官志望の方の模擬面接を通して
内定が取れる人と
内定が取れない人には
小さな違いがあることが分かりました。

その違いを説明する前に
求められるコンピテンシーについて説明したいと思います。

中学校3年生時のクラスをイメージしてください。
クラスには30人の生徒がいたと仮定します。
その30人の中で、どのくらいの中学3年生が
警察官に向いているとイメージできますか?
・正義感があり
・正しいことは正しいといえる
・曲がったことがきらい
・誠実であり
・正直であり
・身体的能力も高く
・ある程度の学力もある
・・・・

自分も含めてイメージできました?

多分、一人か二人ですね。

頭が良いだけでは警察官として活躍しませんし
身体能力が高いだけでも警察官として活躍しません。
また、正直で誠実でなければ警察官になれません。

これらの条件をつけていくと
何を見極めているのか???
イメージできますね。

昨日
ある警察官が勤務中に不適切な関係を
していた・・・
こんなニュースがテレビから流れていました。

このような不祥事が一般国民に流れてしまうと
一気に警察官全体の信頼を失ってしまいます。
ここまでイメージしてわかることは
「採用担当者には、警察官として求める人物像」があるということです。

その一つが
「正直であること」
多くの内定者が報告してくれます。
「前回うまくいかなかったのは、自分をよく見せようと小さなウソを言ってしまったことです。」
「今回は、どんなことでも正直に答えました。」

警察官はウソを見抜くプロです。
一般警察官でも、職務質問から相手のウソを見抜いていき検挙に繋げています。
取調官は、ウソを見抜くプロですね。
犯罪者は、「やっていない」とやっていても言いますから・・
そのプロの中で、最もウソを見抜くプロが面接官ですよね。

先日、前回落ちた方が言っていました。
あることを聞かれたときに、1年前から始めたのを3年前からやっていた・・・
と答えたら、一気に突っ込み質問を受けた。
多分、自分をよく見せようとしたところがばれていたと思う・・と

多くの内定者を輩出してきた私の見解では、上記以外に
自分の命を投げうってでも住民を守る志があること
正義感が強いこと
強靭な精神力があること
常に頑張る人材であること
客観的にものごとをみれること
主体的に行動できる
社交性があること
論理性が高いこと
身体能力が高いこと
誠実さがあること
等々です。

これらを持っている人物だと面接で証明できれば、合格できます。
順番に説明していきます。

上記をクリックすると次のページに行くようになっています。
参考にしてください。

警察官面接に落ちる人の特徴

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme