「粘り強い」って・・・・会社に貢献する「強み」

「粘り強い」ってあなたの本当に「強み」?

「粘り強い」は多くの意味を持っています。

 

性格や精神的な意味では、

・強靭な

・しぶとい

・シンが強い

・打たれ強い

・へこたれない

・くじけない

・不屈の精神を持つ

・忍耐強く

 

目標達成の意味では、

・負けない

・あきらめない

・妥協を許さない

・忍耐強く

・根気よく

・こつこつと

・じっくり

・腰をすえて

・腐らずに

面接官の持っている「粘り強い」と学生の思っている「粘り強い」に差があると、就活生がいくら「私は粘り強いです」と言っても、面接官は納得しません。

ものさし1

個人の「ものさし」は、自分だけの尺度なので

主観的な「ものさし」になっています。

ものさし2

面接官のものさしは、たくさんの学生から身に付けた

客観的な「ものさし」になっています。

 

<<例えば>>

簿記の勉強をしています。

あなたは、毎日3時間勉強して1年かけて3級の合格しました。

一生懸命行ったので、エピソードとして使おうと思っています。

ここでは、個人の主観「粘り強く勉強した」ことからアピールしても・・・

 

一般の人が1日2時間の勉強を6か月行って簿記3級に受かっていると

したら・・・どうでしょうか?

 

面接官からすると・・・

アピール力を感じませんね。

 

粘り強さをアピールするときには、この質と量も考えてくださいね。

 

面接官は「粘り強さ」にどんな意味を考えているのでしょうか?

一つは、「ストレスに負けない」

一つは、「結果が出るまであきらめないで続ける」

 

「ストレスに負けない」のであれば、ストレス耐性が強い

   ⇒面接から見極めることができます。

 

「結果が出るまであきらめない」

   ⇒結果が出ている

     ⇒結果を確認すればよい。

 

エピソードに「成果とよべる結果」を持っていますか?

エピソードの成果を聞くと答えられない学生も多くいます。

しっかりと考えておきましょう。

 

採用担当者は、「強み」の再現性を確認したいと思っています。

性格検査との整合性も確認します。

他のエピソードでも「強み」が活かされているか・・・確認します。

 

あなたの「自己PR」がアピールできているか

面接回答添削、模擬面接をスカイプで確認しませんか

 

1時間20分模擬面接 詳しくはこちらへ

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/1084

 

 

内定者からの感謝のメール

就活内定集中ゼミを受講した方から、内定のご報告をいただいています。

>> もっと見る <<

人気記事

【エントリーシートに何を書けばいいの?】

【採用担当者が見るエントリーシート】

【「漢字の持つ意味」エントリーシート】

【エントリーシートに活用できるコピーライティング】

【就活 志望動機・自己PR・やりきったことの書き方】

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme