面接官にアピールする「強み」

面接官にアピールする「強み」

過去の面接を振り返ってみると、

合格者の面接会話は、「面接」「面接」!!!という感じではなく、

自然な会話のキャッチボールだったと記憶しています。

 

面接後の就活生は、

「面接で思う存分、自分の話ができて満足」と満ち足りた表情をしており、

会話中も楽しげに話していた。

 

不合格者というと、

「不安げな表情」であり、話すのに「いっぱいいっぱい」な感じでした。

 

この違いはどこから生まれるのか?

準備をどれだけ実施したのかの違いだと思います。

特に、「自己分析」を十分に実施すれば、自分に関しての質問に

「自然に」答えることができます。

 

それは自慢話だからです。

 

「貴方の強みは何ですか?」

この問いに、テクニックを多用している就活生は、

企業が求める能力に合わせ、自分のエピソードを作りこんでいるので、

このエピソード以外での発揮状況に答えられません。

 

2013年の面接エピソードです。

学生の間にやりきったエピソードを5つ教えてください。

本人は3つまで準備していたけど

残りの2つがうまく答えられなかった。・・・・

その結果は・・・残念な結果です。

 

本来の「強み」とは、

過去の経験で「多くの成功体験」をもたらした原点の「強み」なので、

たくさんのエピソードを持っています。

当然、成功体験を面接官から質問されているので、

「自慢話」をしているようで楽しい。

 

 

最初に「強み」があり、エピソードを探すのではありません。

「強み」は、過去の経験の棚卸しを十分に実施し、成功体験をもたらした要因を探った結果、抽出されるものと思います。

 

強みの抽出方法を「過去の成功体験」から洗い出すこと。

最初に何かしらの「強み」がある訳ではありません。

この強みを知るには、「他者からの意見」も聞く必要があります。

「ジョハリの窓」の「盲目の窓」=他者は知っているが自分の知らないこと。

この意見も「強み」の参考になります。

 

この「強み」の傾向は、適性検査の結果に出ています。

適性検査の結果:行動意欲、目標意欲が低い・・・という結果なのに

エントリーシートでは「私は、主体性があり、困難な目標にチャレンジしてきました」

面接官は、このギャップを埋めるために「深く」確認したいと思いますよね。

この一貫性を面接官は求めています。

 

 

テクニックではなく、真の自己分析を行い、

自分の強みを知り、この真の強みを発揮できる企業を探して欲しいと思います。

お礼a_btn045
 
やるか!やらないか!
 
 

人気記事

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme