カテゴリー: 適性検査対策(クレペリン検査・YG性格検査・MMPI・SPI3など)

数回の面接で、本人の資質や価値観、性格を見抜くことは難しいです。この資質・価値観、性格を見抜くための事前調査として「適性検査・性格検査」があります。検査では、ウソをついて回答することも可能なため、「ライスケール」という「ウソつき度」を見抜く仕組みも入っています。ウソをつかないで、私は優秀である・・とアピールするには、その検査内容を知ることがポイントですね。

内田クレペリン検査でわかること。

内田クレペリン検査でわかること。

内田クレペリン検査 以下、内田クレペリン検査ウエブより 内田クレペリン検査では2つの側面が分かるようになっています。 ・受検者が与えられた作業をどれだけ早く処理できるか、 ・能力を抽出でき、 ・性格も知ることができます。 […]

なぜ、公務員採用でクレペリン検査を使っているのか

なぜ、公務員採用でクレペリン検査を使っているのか

なぜ、公務員採用でクレペリン検査を使っているのか 警察官 市役所職員 県庁職員 多くの公務員採用選考プロセスにおいて クレペリン検査が使われているのは 「一生懸命頑張る姿勢」があるかを確認するためです。   ク […]

適性検査のロールシャッハテストでわかること

ロールシャッハテストって!聞いたことありますね! ロールシャッハテストとは?   ウイキペディア 被験者にインクのしみを見せて何を想像するかを述べてもらい、その言語表現を分析することによって被験者の思考過程やそ […]

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2020 Frontier Theme