面接と準備の関係

面接と準備の関係十分な準備こそが面接対策

私には転職経験があります。

ウエブ面接対策

そのときの経験です。

 

自分の性格、職務経験の棚卸しに数十時間をかけました。

・自分はどんな人物なのか(価値観)

・何ができるのか

・何をしたいのか

この3つを徹底的に探りました。

 

結果、どんな面接にも自信をもって対応できるようなりました。

質問に対する自分の考えを面接官に伝えるだけなので、余裕がありました。

 

カラー②30

自分の本当の「強み」を知っていますか?

得意なことではありません。

 

過去、5年間

・褒められたこと

・成功体験

・成長体験

について20くらいのエピソードを抽出してください。

 

エピソードが抽出できたら、「なぜ成功したのか?」

考え方や行動について振り返ってください。

「強み」が出てきます。

抽出された強みは、たくさんのエピソードを持っています。

なぜなら「強み」は再現性があるからです。

 

「強み」抽出方法をアメブロで説明しています。こちらへ

 

面接時、ESに書いていないエピソードを聞いています。

なぜなら、「強み」はたくさんのエピソードを持っているからです。

 

就活生の皆さんへ、 本当の「強み」にたくさんのエピソードがありますか?

 

企業に合わせた「強み」からは多くのエピソードが出てきません。

自己分析は、面接に結びつきます。

 

準備を行っていても・・・・

証明スキルが不足すると残念な結果になります。

自己紹介のパターンを1分しか持っていなければ、2分話す事は難しいですね。

自己アピール、自己紹介、長所・短所など、30秒パターン 1分パターン等持ってください。

頭を整理するには、書く事をオススメします。

 

本番前には、模擬面接を受けましょう。

大学でも模擬面接を行っています。

 

十分な準備⇒模擬面接⇒問題点の改善訓練⇒本番面接

ベストな就活です。

 

お礼a_btn045

 

  |