志望動機・自己PR・やりきったことの書き方

書類選考で重要なのは「志望動機」

なぜ?企業は「志望動機」を重要視するのでしょうか?

それは、仕事に対して「熱意」を持って働いて欲しいからです。

 

★やりたい仕事、価値観に合う仕事でないと、多くの問題を乗り越えられないからです。

志望動機の作り方

仕事には多くの「問題」「障害」「トラブル」がつきものです。

やりたい仕事であれば、ストレスを乗り越え、克服します。

 

しかし、「情熱」が足りないと、ストレスに負けてしまいます。

・自分に合っていない

・やりたい仕事ではなかった

・もっと自分に合う仕事があるに違いない。

辞めてしまう可能性大です。

 

企業にとって最大のリスクは、

・トレーニングしたにも関わらず、企業に貢献する前に辞めてしまうことです。

このリスク回避のために、「志望動機」「仕事への情熱」を確認します。

早期退職損失

エントリーシートや事前提出書類「志望動機」に工夫が必要です。

・どれほど論理的に語られているか・・・

・読み手に納得性を持たせられるか・・・

読み手に共感を持たせる「志望動機」を作る必要があります。

 

ポイントは、「十分な自己分析」です。

自己分析により、「やりたいこと」が明確になり、能力棚卸しから、「できること」が明確になり、企業研究から、「企業の求めること」が明確になります。

この3つの重なり方を論理的に説明すれば、「志望動機」は完成です。

 

自己PRの作り方

自己PRの問題点は

「自分が思っている強みと周りからみた強みは違う」ということです。

本当の強みは、自然に行っていることなので、本人が気づいていない場合が多いです。

 

 

この強みを抽出するには、自己分析を行うしかありません。

自己分析

自己分析が出来ていない学生は、皆さん、同じような自己PRをしています。

例えば

・粘り強い

などがこれにあたります。

 

これに比較して、自己分析をしっかりと行っている学生は

・相手の立場になって考え行動できる

・限られた資産を最大限に活用する力

・メンバーのやる気を引き出すファシリテーション力

など、オリジナルっぽい強みを出してきます。

 

自己分析をしっかりと行いませんか!

 

アピールできる強みを証明するのがエピソード

エピソードは、経験を述べるものではありません。

強みとしてアピールした能力を

「持っている」と証明するものです。

 

直近1か月で、120人を超える大学3年生の

模擬面接を行いました。

改善ポイントの1番はエピソードです。

 

エピソードが「経験だけを述べている」ので

能力証明出来ていませんでした。

 

エピソードには、自己PRの強みが活かされている

ストーリーが必要です。

自己PRで粘り強さをアピールするなら

エピソード内に「粘り強く取り組んだ」と分かってもらえるような

書き方が必要です。

  |