面接問題の「ストレス耐性が弱い」が出る原因と解決方法

面接問題:ストレス耐性が弱い

面接時の問題に、「ストレス耐性が弱い」ことがあります。

 

なぜこれが問題なのか?といいますと「すぐに辞めてしまう可能性が高いと考える」からです。

 

人材を採用して育てていくのには、少なからず、費用がかかります。

新卒学生を一人採用するのに、採用単価が200万円くらいかかっていました。

 

また、採用後の教育にも多大な費用をかけています。

入社3年後に退職されてしまうとどれくらいの損失になるか?

試算してみると

志望動機)0520

約1800万円でした。

ストレス耐性が弱いと・・・

「自分のやりたいことではなかった・・」と辞めてしまう可能性が高いと個人的に考えます。

志望動機の作り方

ストレス耐性を確認するには、面接時の態度、表情、しぐさを確認します。

準備不足の場合に表情、しぐさが出てしまいます。

 

どのように対策をとればよいか?

①性格検査対策をする
性格検査結果において、「ストレス耐性弱い」と出ていたら、→そこ確認しようと面接官は思います。

 そう思わせないようにするには、「ストレス弱い」と出ないようにする必要があります。

 しかし、弱い人ほど「ストレス耐性強い」と出そうとするので、面接の態度・表情・しぐさと真逆の性格検査結果を出してしまいます。

 これでは、→うそをついていると思われます。

 ナチュラルな性格検査の結果出せるとよいですね。

 

②不安にならないように面接回答の完成度を上げる

 面接回答が不安な時には、その不安さが表情に出ます。

 その表情を見て面接官は、「ストレス耐性弱い」と判断します。

 これを解決するには、出される質問の回答完成度を上げる対策が必要です。

 面接回答の添削を模擬面接として受けてくださいね。

 

③面接慣れをする

 元々、緊張しがちな人は、面接の練習をすることで、緊張度が下がります。

 初めてのことに対して、ほぼ全ての人は緊張します。

 しかし、模擬面接を何回も受け、質問を面接官から何回もされ、納得回答を言う練習をすれば、本番で緊張が薄くなります。

 

④笑顔の練習をする

 面接時、ストレス耐性の弱い人は、緊張した表情をしています。

 その中で、笑顔で質問の受け答えができていれば、「落ち着いている」という印象を与えられます。

 この練習を模擬面接を通して練習してください。

 

この面接慣れ練習を1日かけて行っています。

1日に5回模擬面接行う面接1日特訓練習会

 

 

次によく読まれている記事

求められる人材の能力について

面接問題:話が長い

面接問題:主体性がない

 

ヒント・コツを目次でまとめました。

面接質問集



集団討論テーマ 警察官
模擬面接練習・集団討論練習・面接カード添削等を実施

 

 

 

ユーチューブで面接質問の動画を多数用意!
警察官・消防官・国家公務員・大学職員など
ユーチューブチャンネル 伊藤内定ゼミ

  |