就活生に必要なコンピテンシー④:すぐに行動する

【必要なコンピテンシー④:すぐに行動する】

今の社会、スピードが求められています。
広告が「印刷物・テレビ」⇒「ネット・メール」に移行しているのも、
社会のスピードに合わせるためだと思います。

 

昔の商品の売れ方は、

「富士山型」
販売開始から徐々に売れ始め、頂点をに達し、その後落ちてくる形。

 

 

現在の商品の売れ方は、
「箱型」
あるコミュニケーションの一言から
突然ブームが起こり、品薄状態のため更にブームは加速するが、
お客様の気が変わるのが早く、ある日突然ブームが去っていきます。

 

こんな状況の中、常に先を読み、「すぐに行動する」ことが、勝ち組のコンピテンシーだと思います。


人材に関しても同じようなことがいえます。
①「今できることを先延ばしにしないこと」
②「いやなことから始めること」
③「興味がわき、やりたいと思ったらすぐに始めること」
などが共通した行動です。

 

①「今できることを先延ばしにしない」

・あとでやればいいや
・締め切りまで、日にちがあるから今日やらなくてもいいや
 部下がいた頃、10分くらいでできるレポート提出をお願いすることが

 多々ありました。


 部下も忙しいので3日後くらいに締め切り日を設定すると、

 トップ評価の部下は、当日メールを見てすぐに返信してきました。
 彼らの提出率は100%であり、期日ぎりぎりでレポートを

 提出することはありませんでした。


・ボトム評価の部下は、いつもぎりぎりに提出・未提出が多かった。
 彼らの提出率は約60%でした。

 


何が違うのか?

考えて欲しいと思います。

 

②いやなことから始める

私もかつてはいやなことを先延ばしにしていました。
先延ばしにすればするほど、その仕事が「重荷」になり、

憂鬱な日々を送ることが多かった。
いやなことから始めるようになったのは、
「どうすれば憂鬱な日々を送らなくてもいいのか?」と考えたときに
「すぐにやることだ」と気がついたからです。
実際に、嫌なことを先に行うと、・あっさりと解決したり・

うまくいくことが多かった。


やらないことで悩むより、結果がどうであれやりきって

「すっきり」したほうがあとで後悔しません。
・あの時やっておけばよかった。
・すぐに行動すれば、先に進めたのに・・・。


メンタル傾向の強い人は、
行動を起こさないで悩んでいる人が多いと思います。
やってみてだめだったらそれでいいじゃない!
やれるだけのことをやってみる「主体性の発揮」が大事ではないか?

と思います。

 

③「興味がわいたらすぐにやってみること」

「心理学的」に、潜在意識は「今の状態を維持したい」と思っていると

私は感じています。


「人間は楽をしたい生き物である」と別のページに書きましたが、
人間の本能上、
・現在、食べるものにも困っていない。
・現在、住むところにも困っていない。
・現在、働いている・・・。
「いまのままでいいんじゃない!」と潜在意識は考えてしまうのではないか?

と思っています。

 


マズローの5段階欲求
第一欲求:生存の欲求が満たされ、
第二欲求:安全の欲求が満たされ、
第三欲求:学生であること、会社員であることなど
       帰属の欲求が満たされていると、
潜在意識は今の生活に満足してしまうのではないか?


そのため「新しいことを始める」に対し潜在意識は、
「いいんじゃない今のままで!」と自分に声をかけてくるのではないか?

 

・英語を勉強しないとグローバル化の波に乗れないかも・・・
・知識を増やさないと戦えないかも・・・


分かってはいるが、「何か」が自分の行動にストップをかけていないか?

考えてみてください。


行動を起こせば、成功に結びつきます。

 

すでに「行動」を起こしている人は日々

「スキル、知識、コンピテンシー」を高めています。

1日、2日ではその差はわからないが、
1年もすれば大きな差になってきます。

特に英語の勉強で感じます。
今日1日英語を30分勉強したからといって、

その成長度はわかりません。
でも1年も経つとその差は歴然です。

 

採用の1次、2次面接を連続して担当していました。

1次面接で短所について深く聞きました。
当然、どうやって改善するか本人は説明してくれました。


2次面接時、
「前回の面接から貴方に時間を差し上げました。
短所改善のために具体的に行ったことを説明してください。」


「思考意欲」だけではなく「行動」が伴っているか確認できました。
「すぐに行動するコンピテンシー」を持っている人は

何かしら行動を起こしています。


簡単なことです。
誰もができる事です。


すぐに行動を起こすだけです。

 

面接人気の記事

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】 

【面接のポイント メラビアンの法則】

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【模擬面接で気になったこと】

【面接の結果に悩んでいる就活生へ】

【面接のあがり症について】

【客観的なフィードバックの重要性】

【面接質問の意図は?】

【人間はロジックだけで動いているわけではない】

【就活 面接 質問】

【「共感力」⇒面接でどうやって見極める?】

【面接でアピールする行動力とは?】

【志望動機一貫性の確認】

【面接における「第一印象」の作り方】

【採用担当者が考える「チャレンジ精神」】

【就活の自己レベルを確認する。】

【面接スキルの問題改善コンサルティングを受ける】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【「適性検査」と「面接」の一貫性】

【「エントリーシート/職務経歴書」と「面接」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接の一貫性は何か?】

【面接における「第一印象」の作り方】

【「退職理由」「志望動機」「自己PR」の一貫性】

【面接質問:当社に落ちたらどうするのか?】

【面接スキルの「真の問題点」特定に向けて】

【技術者が持つべき能力:問題解決力】

【技術者が持つべき能力について】

【何かを伝えるには、話すことが必要です。】

【採用面接 ボイストレーニング】

【面接回答時の変な話し方】

【面接回答時の変な顔の動き】

【面接が1分で決まるわけ】

【面接時の目つきについて】

【コミュニケーション能力の高い人に共通すること】

【内定レベルの3ステップ】

伊藤伸一

 

 

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme