性格検査から判断する警察官の適性:クレペリン検査

性格検査から判断する警察官の適性

多くの警察官採用試験で使われる性格検査について説明します。

am100_fa014

★クレペリン検査

クレペリン検査から分かること

①情報処理速度から⇒仕事が効率よくできるか

②動揺するタイプか、落ち込みやすいタイプか

作業能率を測るのにはもってこいの診断です。

グラフの形によって、気持ちの動揺変化もわかります。

手書きの計算に慣れていない方は、練習が必要です。

 

★YG性格検査

 

ここから何が分かるかというと

・情緒が安定しているか?不安定なのか?

・消極的なのか?積極的なのか?

当然、情緒安定で積極的なタイプが望まれます。

無料YG性格検査診断を実施し、自分の性格を知りましょう。

 

対策は、うそをつくのではなく、

ものの見方を変えることと、習慣化によりその資質を身に付けることです。

対策を学びませんか!

 

MMPI

MMPI診断受講できます。

うそはつけません。

質問の意図を知ることで、正確な自己診断ができます。

 

よく読まれている記事

【面接のポイント メラビアンの法則】

【警察官採用面接で圧迫面接をする理由】

【他の県警、公務員、民間企業は受けていませんか?】

【「退職理由」「志望動機」「なぜ、当県警なのか」】

【警察官に必要な「心構え」「能力」は何だと思うか】

 

警察官面接対策セミナーを受講していただければ

警察官として活躍する性格の対策ができます。

詳しくはこちらへ

警察官面接セミナー

http://www.reservestock.jp/page/event_series/2334

 

人気記事

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme