中途 面接時のポイント

中途 面接時のポイント

多くの人が転職するには理由があります。

多くの人が会社を選ぶには理由があります。

そして、会社が社員を採用するには理由があります。

すべてに理由があります。

この部分の理由をはっきりとすることが必要です。

採用担当者を納得させる「納得性」「共感性」が中途面接のポイントです。

・なぜ、前の会社を辞めたのか(今の会社を辞めようと思っているのか)

・あなたのやりたいことは、何なのか

・あなたのできることは何なのか

・なぜ、当社に入社したいと思い、応募したのか

ここを採用担当者は知りたいと思っています。

そして、企業の社員として求めることと合っているのか、面接で確認していきます。

 

多くの面接官は、面接のために準備してきたことの1割も質問してくれません。

 

面接という場は、

応募者のできることをアピールする場ではなく、

面接官が確認したいことを質問を通して検証する場です。

 

あなたが、ルートセールスが得意で一生懸命アピールしても、

採用担当者は、飛び込みセールスができる人材を欲しがっていたら

共感を持って話を聞いてもらえません。

「何ができるのか」具体的に職務経歴書に記述し、アピールする必要があります。

 

アピールの場は、職務経歴書です。

アピールした内容から、採用担当者は人物像のイメージを描きます。

・活躍するだろうか

・どんな仕事ができるのだろうか

・こんな仕事も任せられるかも・・・・

職務経歴書を効果的に用い、企業にアピールしましょう。

そのためには、企業はどのような人材を求めているのか

ここを知ることから始まります。

 

多くの転職者は、職務経歴書を使いまわしています。

これでは、採用担当者の心に響きません。

企業研究をしっかりと行い、

・どのような人材を求めているのか

どんな成果を求めているのか

深く探った上で職務経歴書を書き上げる必要があります。

 

企業の求める人材にどれだけ自分の能力が重なるのか

ここが中途転職活動のポイントです。

 

多くの職務経歴書を添削してきました。

行った業務は書いてありますが、成果・実績まで詳しく書いていないようです。

面接に関するブログ

【各採用プロセスにおいて何を見極めているのか?】

【面接だけで能力を見極めることができるのか?】  

【面接で何を見極めるか?①】

【面接で何を見極めるか?②】

【貴方のこだわりは何ですか?:面接質問集】

【「粘り強い」って・・・・会社に貢献する「強み」】

【面接のポイント メラビアンの法則】

伊藤内定ゼミ伊藤伸一 © 2015 Frontier Theme